正式名称は加齢男性性腺機能低下症候群と呼ばれ、LOH症候群と略されます。

男性も他人事じゃない更年期問題

MENU

更年期障害は女性特有のイメージがありますが、実際には男性にも関係してくる症状です。
男性の場合は症状の個人差が大きく、全く症状のない男性もいれば、深刻なうつ状態に陥る男性もいます。
ここでは、そんな男性の更年期症状について深く解説していきます。

1. 具体的な症状 2. 更年期障害が起こる要因
男性が引き起こす更年期症状は、身体のダルさや目まい、不眠やうつ状態、筋力や集中力の低下などです。

 

また、性機能に関わる性的症状もあり、性欲そのものの低下やEDも、更年期症状に含まれます。
これらの症状を見て分かるとおり、精神面肉体面の両方において症状が引き起こされます。

 

これらの症状を自覚したら、単に体調不良と判断せず、医師の診察を受けることをおススメします。

 

また、これらは男性特有の症状であり、正確には男女共通の症状もあります。ちなみに男女共通の症状としては、肥満や痩せ、身体のほてりやむくみ、疲労などが挙げられます。

 

ここから判断すると、男性ならではの症状は男女共通の症状と比較して、精神面が大きく影響していることが分かります。

男性ホルモンが減少することで、更年期障害を引き起こします。

さらに男性ホルモンの低下の要因を挙げると、加齢ストレスが主になります。

 

男性ホルモンは20代から30代の間が分泌のピークになりますが、ストレスが男性ホルモンの低下の要因になっているところから判断すると、例え30代でも油断はできないということが分かります。

 

こうしたストレスは当然日常生活によって蓄積されていくものです。このため、神経質であったり、真面目で几帳面すぎる男性は、必然的に更年期障害を引き起こしやすいのです。

 

また、男性ホルモン自体は40代以降になると、どんどん減少していき、これによって加齢が元となる更年期障害を引き起こしてしまいます。

 

3. 日常生活における対処法 4. 病院の重要性
日常生活の見直しだけで完全に克服することは不可能ですが、治療として役立つ対処方法を紹介します。

まずは食生活の見直しで、更年期障害の宿敵である男性ホルモン低下を防ぐため、ホルモンバランスを整えてくれる栄養分を積極的にとりいれる必要があります。

 

そのためにおススメなのは亜鉛です。

亜鉛の不足は性機能の低下に繋がり、精子の減少や性欲の低下はもちろん、EDにまで関係してきます。

 

ちなみに亜鉛を多く含んだ食べ物は、効果の高さを優先するなら牡蠣(カキ)やウナギ、牛肉などが挙げられ、毎日の摂取を考えるのであれば、豆腐やゴマ、抹茶などがおススメです。

 

また、適度な運動も効果的なので、毎日の生活の中にウォーキングを取り入れるのも効果的です。

 

筋トレのような激しいトレーニングなら、より身体を充実させることはできますが、対処として重要なのは効果の大きさではなく、継続することです。このため、いくら効果的でも継続できなければ無意味ですし、そのためにも軽い運動を選択すべきでしょう。

男性は仕事などが理由でなかなか病院に行く機会がないのが現実です。

例え体調不良でも、症状が軽ければ市販の風邪薬を飲むだけの男性がほとんどではないでしょうか。

 

しかし、更年期障害は
深刻な症状であり、自然回復も望めません。

 

このため、ここで紹介したような症状に自覚がある男性は、思い切って病院に行くことをおススメします。

 

病院は診察だけでなく、相談をする場所でもあります。

更年期障害の要因に加齢がある以上、どの男性にも起こり得る症状ですし、EDなどの大きな症状に発展する前に、違和感があったらぜひ病院で診察を受けることをおススメします。

 

慰謝に相談する

1. 具体的な症状
男性が引き起こす更年期症状は、身体のダルさや目まい、不眠やうつ状態、筋力や集中力の低下などです。

 

また、性機能に関わる性的症状もあり、性欲そのものの低下やEDも、更年期症状に含まれます。
これらの症状を見て分かるとおり、精神面肉体面の両方において症状が引き起こされます。

 

これらの症状を自覚したら、単に体調不良と判断せず、医師の診察を受けることをおススメします。

 

また、これらは男性特有の症状であり、正確には男女共通の症状もあります。ちなみに男女共通の症状としては、肥満や痩せ、身体のほてりやむくみ、疲労などが挙げられます。

 

ここから判断すると、男性ならではの症状は男女共通の症状と比較して、精神面が大きく影響していることが分かります。

2. 更年期障害が起こる要因
男性ホルモンが減少することで、更年期障害を引き起こします。

さらに男性ホルモンの低下の要因を挙げると、加齢ストレスが主になります。

 

男性ホルモンは20代から30代の間が分泌のピークになりますが、ストレスが男性ホルモンの低下の要因になっているところから判断すると、例え30代でも油断はできないということが分かります。

 

こうしたストレスは当然日常生活によって蓄積されていくものです。このため、神経質であったり、真面目で几帳面すぎる男性は、必然的に更年期障害を引き起こしやすいのです。

 

また、男性ホルモン自体は40代以降になると、どんどん減少していき、これによって加齢が元となる更年期障害を引き起こしてしまいます。

3. 日常生活における対処法
日常生活の見直しだけで完全に克服することは不可能ですが、治療として役立つ対処方法を紹介します。

まずは食生活の見直しで、更年期障害の宿敵である男性ホルモン低下を防ぐため、ホルモンバランスを整えてくれる栄養分を積極的にとりいれる必要があります。

 

そのためにおススメなのは亜鉛です。

亜鉛の不足は性機能の低下に繋がり、精子の減少や性欲の低下はもちろん、EDにまで関係してきます。

 

ちなみに亜鉛を多く含んだ食べ物は、効果の高さを優先するなら牡蠣(カキ)やウナギ、牛肉などが挙げられ、毎日の摂取を考えるのであれば、豆腐やゴマ、抹茶などがおススメです。

 

また、適度な運動も効果的なので、毎日の生活の中にウォーキングを取り入れるのも効果的です。

 

筋トレのような激しいトレーニングなら、より身体を充実させることはできますが、対処として重要なのは効果の大きさではなく、継続することです。このため、いくら効果的でも継続できなければ無意味ですし、そのためにも軽い運動を選択すべきでしょう。

4. 病院の重要性
男性は仕事などが理由でなかなか病院に行く機会がないのが現実です。

例え体調不良でも、症状が軽ければ市販の風邪薬を飲むだけの男性がほとんどではないでしょうか。

 

しかし、更年期障害は
深刻な症状であり、自然回復も望めません。

 

このため、ここで紹介したような症状に自覚がある男性は、思い切って病院に行くことをおススメします。

 

病院は診察だけでなく、相談をする場所でもあります。

更年期障害の要因に加齢がある以上、どの男性にも起こり得る症状ですし、EDなどの大きな症状に発展する前に、違和感があったらぜひ病院で診察を受けることをおススメします。

 

慰謝に相談する

以前は女性のみと言われていた更年期障害も、今では男性にも起こり得ることが分かっています。
そのために、こうした症状の説明や対策が一般的にも有名になっています。
仮に今は症状のかけらもない男性も、今後のことを考えて、ここで紹介した対策はぜひ知っておいてください。

 

精力剤大辞典